ブログ

死ぬかと思った(1)

6月30日,朝から打ち合わせがあったのですが,なんか体調が悪いなと思っていました

幸いにして午後は仕事の予定が入っていなかったので,事務所近くの診療所へ行って「食道炎」との診断を受け胃薬をもらって早退しました

その日の夜中から腹痛が激しくなり7月1日の明け方まで眠ることができず,「食道炎にしては痛すぎない?」なんて思っていました

しかも徐々に悪化していき出勤予定時間にはもう脂汗ダラダラで動けないような状態でした

ボクのことをご存じの方はお分かりの通り,ほぼ全く休みなく働き続けるのが信条なので裁判期日を休んだことは18年間の弁護士生活で数えるくらいしかないのですが,裁判所まで行けそうにないので裁判期日を欠席しました

もともと病院へ行かない主義な上,コロナの関係もありますので,病院へ行くかどうか迷いましたが,さすがにただ事ではないだろうと思ってなんとか歩いて病院まで行きました

造影剤を点滴で入れてCTを撮影して医師面談になったのですが,「単なる便秘ですね」と素っ気なく言われ「便を軟らかくするクスリを出しておきますね」と言われて終わりました

え?マジ?のたうち回るほど痛いのに「便秘」なの?

女性の方は結構な割合で便秘というような話を聞いたことがありますが,女性って痛みにめちゃくちゃ強いの?ボクが軟弱者なの?歩けないくらい痛いのに・・・

と思いながら家に着いて処方されたクスリを飲んで寝ようとしたのですが,とにかく腹が痛くて痛くて全く眠れません

翌日,全然痛みが治まらないから再度病院へ行こうと思ったのですが「うわ!コイツただの便秘で2回も病院に来てるよ(笑)」みたいなリアクションをされることを恐れて我慢し続けました

吐き気もひどかったのですが何も出ません

トイレに行っても何も出ません

7月2日の夜中,トイレに行って何も出ないので諦めてベッドに戻ろうとしたら痛みで蹲ったまま動けなくなりベッドに戻れませんでした

そしてその場で同じ姿勢のまま朝を迎えました

さすがに便秘な訳ないだろうと意を決して再度病院へ行きました

いろいろ悩んでいたので外来の最終受付にぎりぎり間に合うくらいの時間に行きました

このときも造影剤を点滴で入れてCTを撮影してその結果を待つことになったのですが,外来の最終受付で行ったので待合室にボクしかいません

医者と思われる方が何人かで話し合っている声が聞こえてきたのですが・・・

この後驚愕の展開に!(「ガチンコファイトクラブ」風あおり)

関連記事

  1. 不健康な食べ物ほど旨い
  2. 死ぬかと思った(2)
  3. 生きててよかった(1)
  4. 死ぬかと思った(4)
  5. ホームページリニューアル致しました。
  6. 生きててよかった(2)
  7. 偉人
  8. 死ぬかと思った(3)

最近の記事

過去の記事一覧

外部リンク



東京弁護士会HP

参考資料



市民の為の弁護士報酬ガイド ※PDF形式です。





※クリックすると再生します。※MP4形式

PAGE TOP